新型個別指導ノートス 塾長 佐藤潤

私はよく生徒に将来の夢についてたずねます。
今やっている勉強はその夢につながっているでしょうか。
「はい」と答えられる人は、素晴らしいです。自分を信じて突き進んでほしいです。
「はい」と答えられない人も、決して悪いわけではありません。
まだ将来の夢が見つかっていないのかもしれませんし、夢はあっても今やっている勉強がその夢につながっているか分からないだけなのかもしれません。焦る必要はありませんが、ぜひ将来に目を向けてほしいです。

私は、小・中・高校生の勉強は将来につながる大切なものであると考えています。その直接的な要素としては、進学する高校、大学、専門学校などによって、将来の生活が大きく変わる可能性があるということです。人生設計をする上で重要である、「仕事」や「収入」、「自由に使える時間」などは進学先の学校に大きく影響を受けます。学校名が大切なのではありませんが、選択肢の数が変わってくると思います。また、間接的な要素としては、「勉強」を通じて自分自身を成長させ、人生を生き抜く力をつけるということがあります。勉強が好きという人もいるかもしれませんが、どちらかと言えば、嫌いな人の方が多いと思います。その嫌いなものを自分の目標達成のために、どのような練習や努力を重ね、克服していくかということが自分自身を成長させます。

「やりたくないからやらない。」「やってもダメだから諦める。」という考えを大人になってからも続けていくわけにはいきません。「勉強」は目標を達成するプロセスを身に付けることができます。具体的には、目標設定をし、どうすればその目標達成できるか考え計画を立て、つらくてもやり抜き、目標達成の喜びを知る、この経験が将来を生き抜く本当の力になると考えています。

ノートスはこのとても大切な期間の勉強をサポートし、生徒の人生の基盤作りをしていきたいと考えています。そのため、より効果的な授業を研究し、誠心誠意の熱血指導を行っています。生徒の人生につながるものだからこそ、私たちが全力で応援していかなければいけないと考えております。将来、ノートスの生徒や卒業生が夢を叶え、様々なところで活躍し、ご家族の皆さまと笑顔で人生を送っていけることを強く願っております。